リモートデスクトップってどんなツール?


Vnodeに搭載されているリモートデスクトップってどんなツールでしょう?本記事ではリモートデスクトップはどんなツールなのか?どんなことができるツールなのかご説明します。

リモートデスクトップってどんなことができるの?

リモートデスクトップとは

「距離の離れたパソコンに手元のパソコンから操作する技術」

です。

以下のような用途で利用することができます。

  •  オフィスから持ち出しができないファイルをテレワーク中の自宅から閲覧する。
  •  オフィスからしかアクセスできないサイト(社内グループウェアや銀行サイト等)にテレワーク中の自宅から会社のパソコン経由でアクセスする。
  •  遠隔地のパソコンでトラブルが発生した場合、アクセスして修理する。
  •  移動中・出張中の上司に社外持ち出し禁止の資料を承認してもらう。

テレワークの導入にあたり欠かせないテクノロジーとなります。

リモートデスクトップにはどんな方式があるの?

リモートデスクトップですが、大きく2つの方式があります。

1.VPN+RDP
Windowsに搭載されているRDPを利用して、オフィスのサーバのもしくはPCへアクセスする方式です。たまに「RDPは暗号化されていないので、VPNで暗号化通信を行う必要がある」という誤解された話がありますが、RDP自体はTLS1.2という暗号化通信の利用が可能です。しかしながらRDPだけでアクセスする場合には「固定IPが必要」「RDPポートを外部に公開する必要がある」等ネットワーク的にもセキュリティ的にも問題がありますのでVPNという仮想的な専用回線を作り出す方式との併用が必要となります。


この方式を実現する場合

・WindowsはPro(HomeエディションはRDPを利用できません。

・VPNルータとVPNクライアントの設定(クライアントソフトがある場合ソフトのインストール)

が必要となります。(*VPNルータを購入する場合は、同時接続数の上限が利用想定に合っているか確認が必要です。

市販のリモートデスクトップ製品を導入する
社内にシステム管理者がいない場合は、こちらの方式の方が比較的簡単に導入できます。この方式は大きく2つの方式があります。

1)RDPを中継サーバでHTML5に変換する方式
独自のRDPクライアントを使って、中継サーバでRDPをHTML5に変換するパターンです。ApacheプロジェクトのGuacamoleはこのパターンで、XFreeRDP(VNCも選択可)を利用してRDP接続を実現しつつ、RDP通信の内容をHTML5に変換してブラウザに画面を出力しています。

2)操作対象PCにエージェントを入れる方式

2-1. 独自通信規格を利用してクラウドのサーバを経由して「独自クライアント」で画面や操作をやり取りする方式

2-2. webrtcを利用してデスクトップの画面をコマ送りでストリームに乗せてリモートデスクトップを実現する方式。この方式の多くはWebRTCを利用されているので、WebRTCで実装されているホールパンチングを利用することで固定IPが不要となります。

リモートデスクトップを利用するにあたり注意すべきこととは?

リモートデスクトップを利用するにあたってまずは以下の点を確認しましょう

  1. 導入の難易度
    ルータ+RDP方式で業務に支障がないように運用する為には、ある程度ネットワーク機器が操作できるシステム管理者が必要となります。それに対して市販のリモートデスクトップツールの導入は比較的簡単です。
  2. セキュリティ
    社内情報が入っているパソコンへの接続になりますので、2要素認証・セキュアな暗号化通信が利用できるものを選択しましょう。
    またテレワーク時でマルウェア感染等が発生した場合も備えて、管理者からリモートデスクトップ接続を切断できるような機能が搭載されているものもあり、セキュリティを重視する場合はそのようなものを選択すべきです。
  3. パフォーマンス
    VPNの場合、ルータの同時接続数上限があるので、同時接続が多いリモートデスクトップの場合は上限を超えてしまうことがあります。余裕を持ったスペックのルータを選定する必要があります。
    リモートデスクトップツールの場合、30FPS(秒間のフレーム数)程度のパフォーマンスで利用可能なものを選べば通常のパソコン利用では十分なレベルです。
  4. その他
    リモートデスクトップでは日本語入力がうまくいかない場合もありますので、問題なく日本語入力ができることはを確認しましょう。

リモートデスクトップは今までのオフィスの環境をそのまま自宅で利用できる非常に便利なテクノロジーです。反面、導入にあたっては確認すべきポイントもありますので、目的に合わせて自社に合った製品を使用しましょう。