「Web会議」に迷わず参加!

Web会議のURLがわからなくて会議に遅れた経験はありませんか?「Vnode」は「自分のアカウントページ」に「自分が参加者となっている会議室」が自動的に表示されるので、迷うことはありません。また会議時間に制限はありませんので、時間を気にせず気軽にご利用いただけます。



「Web会議」5つの特徴
  • ウェブ会議へ参加できるのは管理者がアカウントを作成したユーザのみ。だから、「プライベートアカウント」とは完全分離が可能。
    「知らない人」につながらないので、使い慣れない方も安全安心。
  • 「自分が参加する会議」のみが表示されるから、迷うことなく簡単!
    数クリックで会議参加が可能です。
  • 同時参加人数は10名まで可能。毎日のミーティングに大活躍します!
  • ご利用時間は無制限。利用時間を気にせず手軽に使えます。
  • P2P接続(パソコン同士がつながる方式)採用で、つながりやすい!
    また、中継サーバを通さないから情報漏洩の心配も不要です。



「Vnode」のWeb会議は、ここが安心!
  • 最短2回のクリックで会議室へ入室可能です。
  • 中継サーバを経由しないので、「くっきり」「はっきり」遅延の少ない画像と音声でご利用いただけます。
  • 「常設会議室」を設置することで、今まで利用していたグループウェアでの会議登録も、そのままご利用可能です。オフィスの会議室と全く同じ感覚で、会議の開催が行えます。
  • 時間ギリギリでも、操作に慣れていなくても、すぐにウェブ会議にご参加いただけます!
  • 「会議の時間だ!」とあせらなくても、気軽なミーティングが簡単に行えます!


2つのタイプの会議室

『Vnode』なら、2つのタイプの会議室を設置することが可能です。用途に合わせて、都度、お選びいただけます。

『スケジュール会議室』

「いつ、何時に、誰と」をあらかじめ登録(都度設置)しておくタイプの会議室です。

  • 参加者全員の「スケジュール欄」に表示され、クリックだけで入室できるため、迷わず簡単!
  • 会議の多い方でも、「違う会議に入ってしまった…」がありません。

『常設会議室』

「あらかじめ指定した参加者のみ」が「いつもでも」入室することのできるタイプの会議室です。

  • 常に「スケジュール欄」に表示され、数クリックで入室可能。
  • 実際のオフィスと同様に、「会議室1」「会議室2」と設置することで、会議は既存のスケジューラーで管理、時間になったら会議室に集合、といった使い方も可能です。

簡単!ウェブ会議の設定方法
ステップ①
「社内Web会議」タブを選択 → 『新規作成』ボタンをクリックします。
ステップ②
「日時」「参加者」等の必要事項を入力し、『作成』ボタンをクリックします。
ステップ③
「参加メンバー」を選択 → 『更新』ボタンをクリックし、決定します。
会議時間になったら、『Web会議スケジュール』欄からクリックするだけ!
③で選択した「参加メンバー」のスケジュール欄に、自動的に予定が表示されます。
参加者は、表示されている『Web会議スケジュール』をクリック → 『会議に参加』ボタンをクリックでOK!
「Vnodeトップ」はこちら

「リモートデスクトップ機能」の詳しいご紹介はこちら