ラクラク設定!サクサク軽い♪リモートデスクトップ機能





ブラウザだけでリモートデスクトップ使えます

「Vnode」の「リモートデスクトップ(パソコン遠隔操作)機能」は、ブラウザだけ利用可能です。ブラウザだけなので複雑な設定が必要ありません。リモートデスクトップの設定が困難で断念された方でも簡単にご利用いただけます。

Q.「リモートデスクトップ」って何ができるの?

会社のパソコンを、ご自宅のパソコン等から遠隔操作する機能です。

 
 会社のパソコンにしか入っていないソフトや、保管してあるファイルを自宅のパソコンから遠隔操作で使用可能になります。リモートデスクトップ機能を使えば会社のパソコンでしか操作できなかった会計ソフトや会社から持ち出しができないファイルも自宅から利用することができます。



『Vnode』の「リモートデスクトップ機能」の特徴
『Vnode』の通信は、直接つながる「P2P方式」です。
  • 専用サーバや専用ルーター等の機器は不要です。
  • ネットワークの変更も必要ありません。
  • 転送量が少なくて済みます。
    (始業時間になると、会社のネットワークが大混雑でつながらない…といったお悩みも解消します♪)

※通信や機器の環境が著しく悪く、安定した接続を維持できない恐れがある場合のみ、国内の中継サーバーを経由して安定を図る場合があります。


『Vnode』なら、導入カンタン!
ステップ① リモート接続先機器の前に立つ
リモート操作したい(会社の外から操作したい)パソコンやサーバーを立ち上げる。
インターネットブラウザを経由して「Vnode」を開き、ご自身のID&パスワードでログインする。
ステップ② エージェントプログラムのインストール
「リモートデスクトップ」項目を選択し、ダウンロードボタンを押すと、自動的にエージェントプログラム(遠隔操作先の機器を認識するためのプログラム)がダウンロードされます。
ダウンロードしたプログラムをクリックすれば、自動的にインストール完了です。
ステップ③ リモート元機器で登録の確認
社外からリモート操作する側の機器(リモート元機器)でインターネットブラウザを開き、「Vnode」にご自身のID&パスワードでログイン。
「リモートデスクトップ」項目にステップ①で操作したパソコン(サーバー)が追加されていれば、設定完了です!
『パソコン本体の電源ONのまま』でご帰宅下さい。お疲れさまでした!
「ディスプレイの電源はOFF」(ONのままですと、遠隔操作時の動きが周囲から見ることができます。)でご帰宅ください。
『Vnode』なら「リモートログイン機能」が使えますので、「ログアウトして帰宅」が可能!
より安全にお使いいただけます。

『Vnode』のここがポイント

「Vnode」はテレワーク中でもオフィスと同じようにPCをお使いいただけるよう
3つのポイントにこだわっています。

こだわり
『日本語入力』

 日本の企業が作ったサービスだからこそ、キーボードから「日本語入力ができること」にこだわりました!
 「Vnode」なら、いちいちマウスを持ち直さなくても、いつものパソコン作業と同じ操作感で、違和感なくパソコン操作を行うことが可能です。

こだわり
『リモートログイン』

 リモートワークの為にオフィスのパソコンの電源つけっぱなし&ログインしっぱなしで放置して帰宅するのは、セキュリティ的に心配…。
 「リモートログイン」機能は、リモートワーク先(自宅)から会社の自席パソコンにログインすることが可能です。つまり、ログアウトして帰宅して大丈夫(パソコン本体の電源はONのままでご帰宅ください)

こだわり
『ダウンロードできません』

 書類ファイルの持ち出しや情報漏洩が心配。操作の手違いで、自宅パソコンに保存されていた…ということも少なくはありません。
 「Vnode」はあくまでも「リモート接続先パソコンの画面」を転送します。つまり、「画面」=「画像」としてのみ認識し、「画像」をリモート操作します。ファイルやデータを手元(接続する側)の機器にダウンロード・コピーして保存することはできません!

「Vnodeトップ」はこちら
「社内限定Web会議システム」の詳しいご紹介はこちら